読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FRDM-KL25Z

触り始めた。

ただ、OpenSDA用のファームウェアが古いと、

Windows10では正常に動作しない、という話があり、

ブートローダを更新してみる。

BOOTUPDATEAPP_Pemicro_v111.SDAというファイルだ。

これは、リセット状態でFRDM-KL25Zを接続(OpenSDA側)すると

中にサイトリンクがあるのでクリックすると取ってこれる。

 

Windows 8以降でFRDM-KL25Zのファームウェアアップデートができない場合の対処法 | コーヒーサーバは香炉である

↑こちらのサイトに従って、Windows10のレジスタとサービスを停止させてから

ブートローダを更新する。

 

上手くいくのだけど、FRDM-KL25Zを接続すると、「BOOTLOADER」としてしか認識されない。「FRDM-KL25Z」という名称で認識されない。

 

一方で、mbed化する記事を見ると、BOOTLOADER更新後に

mbed用のファームウェア?を放り込んでいた。

mbed FRDM KL25Z ゲッティングスターテッド | mbed

 

なるほど、もしかして・・と思い、落としてきたOpenSDAツールの中に・・・

あった。

MSD-DEBUG-FRDM-KL25Z_Pemicro_v118.SDA

これだ。これを入れて初めて、OpenSDAがxx化するのではないか。

リセット起動で「BOOTLOADER]認識させ、このファイルを放り込んで

再接続・・

 

よし、見えた!「FRDM-KL25Z】として認識されたぜぃ。