読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FRDM-KL25Zその4

お次はデバッグ。IAR Embedded Workbench IDEデバッグボタンを

押してみる。

 

おぉ・・ main関数で止まっている。すばらしい。

マイコンを初めてデバッグした・・初体験ww

 

OpenSDAプロトコルを制御するオンボードデバッガ=マイコンチップと、それ上で動作するアプリの力を借りている。

 

子のアプリがワークベンチからはデバッガとして指定するものなので、

プロジェクトのデバッガ設定でJ-Link/J-Traceを選択してある。

「表示」メニューでレジスタを出してみると

 

PC  0x0000134C

とある。ステップインしてみると

PC 0x0000134E

おお、変わった。感動wwww

アドレスが2バイト進んだ?

もう一回ステップイン(BOARD_InitPis関数に入る)

PC 0x000012E0

おぉ、110バイト番地が戻った。

つまり、BOARD_InitPins関数のアドレスはスタートアップ(main)

よりも手前なのか、当たり前なのかもだけど感動するwwww